市場ニュース

戻る
2017年03月16日08時30分

【市況】前場に注目すべき3つのポイント~売り先行後は、こう着感の強い相場展開に

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

16日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:売り先行後は、こう着感の強い相場展開に
■外資系証券の注文動向:差し引き160万株の買い越しとの観測
■前場の注目材料:東芝、銀行に新担保、融資継続を要請


■売り先行後は、こう着感の強い相場展開に

16日の日本株市場は売り先行後は、こう着感の強い相場展開になりそうだ。注目のFOMCでは大方の予想通り、賛成多数で政策金利が引き上げられた。イエレン議長は、利上げのペースを速める意図はないことを強調し、年3回という基本の利上げシナリオも維持。15日の米国市場では先行き不透明感の解消からNYダウは100ドルを超える上昇となった。

一方で、利上げペースは年4回との思惑も高まっていたこともあり、円相場は1ドル113円台半ばとドル安・円高に振れており、シカゴ日経225先物清算値は大阪比85円安の19365円となった。ADRの日本株も総じて小安く推移しており、これにサヤ寄せする格好から始まろう。ただ、足元で慎重姿勢が強まっていたこともあり、押し目拾いのスタンス。

その後はオランダ議会選挙を見極める流れになるが、最新の世論調査では、反EU・反移民を掲げるウィルダース氏がオランダのEU離脱を実現させるのは事実上不可能だとの見方が大勢のようである。これまでのようなサプライズがないとも言えないが、市場はサプライズからの波乱展開に対する修正の早さも目立っている。アク抜けを意識したいところである。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■外資系証券の注文動向:差し引き160万株の買い越しとの観測

朝の外資系証券5社経由の注文状況は、売り930万株、買い1090万株、差し引き160万株の買い越しとの観測。なお、直近5日分の注文動向は以下の通り。

03月09日(木):440万株の買い越し
03月10日(金):350万株の売り越し
03月13日(月):130万株の買い越し
03月14日(火):260万株の売り越し
03月15日(水):470万株の売り越し


■前場の注目材料

・NYダウは上昇(20950.10、+112.73)
・NY原油は上昇(48.86、+1.14)
・シカゴ日経225先物(19365、-85)
・円相場、1ドル113円40-45銭
・米FOMC、0.25%利上げ決定
・英11-1月失業率、4.7%で2005年以来の低水準に
・米2月小売売上高、前月比0.1%増
・2月訪日外国人客数、前年同月比7.6%増
・米2月消費者物価指数、前月比0.1%増

・東芝<6502>、銀行に新担保、融資継続を要請
・川崎重<7012>、航空機エンジンサプライヤーに対し利益計画の提示要請を決定
・日清食HD<2897>、香港卸会社を買収

☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:50  対外対内証券売買(先週)

<海外>
・09:30  豪・失業率(2月)  5.7%  5.7%

《SK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均