市場ニュース

戻る
2017年03月15日14時35分

【材料】小野薬が続落、国内大手証券が目標株価を引き下げ

小野薬 <日足> 「株探」多機能チャートより
 小野薬品工業<4528>が続落。SMBC日興証券が14日付で投資判断「1」を継続しつつ、目標株価を3200円から3000円へ引き下げたことが弱材料視されている。

 同証券では、18年3月期からは、免疫チェックポイント阻害剤オプジーボの薬価引下げ(17年2月1日に50%薬価下げ)の影響が年間でフルに効いてくることや、競合品キイトルーダ(MSD、Merckの日本法人)に非小細胞肺がんのファーストラインの患者をおさえられる可能性が高いこと(非小細胞肺がん患者の約25%)などを考慮し、21年3月期までの業績予想を下方修正したとしており、18年3月期営業利益予想を624億円から580億円へ、19年3月期を同759億円から650億円へ引き下げている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均