市場ニュース

戻る

【材料】◎15日前場の主要ヘッドライン

ユーロ円 <日足> 「株探」多機能チャートより
・稀元素が続伸、ストップ高の余勢を駆って1年半ぶり上場来高値更新
・コスモス電は反落、増担保規制の復活嫌気も下値では押し目買い
・三菱ケミHDが安い、2本立てユーロ円CBの発行で希薄化に警戒感
・東建コーポは上値指向、第3四半期営業利益3割増で対通期進捗率は88%
・ストリームが急動意、18年1月期営業利益58%増予想と急回復見通しを材料視
・ラクーンが大幅反発、10万株を上限とする自社株買いを発表
・アミューズ急伸、イベント収入やグッズ販売好調で17年3月期営業利益予想を上方修正
・ソフトブレーンが急反発、7円配実施で買い呼び込む
・神戸物産が切り返し急で4000円大台回復、第1四半期営業利益5割増と急伸
・セルシードがカイ気配スタート、厚労省から「特定細胞加工物製造許可」を取得
・東芝がウリ気配スタート、東証が15日付で監理銘柄(審査中)に指定

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均