市場ニュース

戻る
2017年03月15日10時40分

【市況】10時35分時点の日経平均は76円安、神戸物産は決算が好感され大幅高

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時35分時点の日経平均は前日比76.39円安の19533.11円。TOPIXは前日比6.80pt安の1568.10pt。

業種別では売りが優勢。下落率トップは前日比-1.64%で鉄鋼。その他、鉱業、石油石炭、電気ガス、水産農林、パルプ紙、不動産などが下落率上位。一方、現時点でプラス圏で推移しているのは海運、小売、その他製品の3業種。

東証1部の売買代金トップは、東芝<6502>。本日付で上場廃止の恐れがある「監理銘柄(審査中)」に指定されている。その他、前日に大幅高となった三菱重工<7011>、ソフトバンクグ<9984>、転換社債型新株予約権付社債による資金調達を発表した三菱ケミカルHD<4188>、三菱UFJ<8306>、任天堂<7974>などが上位に続いている。

東証1部の騰落状況は値上がり365銘柄、値下がり1460銘柄。値上がり率上位銘柄は、キムラタン<8107>、北の達人<2930>、17年3月期の通期予想の上方修正を発表したアミューズ<4301>、一部証券会社の目標株価引き上げが観測されている市光工業<7244>、17年10月期の第1四半期の大幅増益が好感されている神戸物産<3038>など。キムラタンは前日比+14%の上昇に。

一方値下がり率上位は、ヤーマン<6630>、東芝<6502>、九州電力<9508>、栄研化学<4549>、スバル興業<9632>など。ヤーマンは前日比-7%の下落となっている。

《WA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均