市場ニュース

戻る
2017年03月15日10時03分

【材料】DITが4日ぶり反発、来期年間配当13円以上の公算大と報じられる

DIT <日足> 「株探」多機能チャートより
 デジタル・インフォメーション・テクノロジー<3916>が4日ぶりに反発している。きょう付の日本経済新聞で、「2018年6月期の年間配当を13円以上とする公算が大きい」と報じられており、今期は記念配当3円を含めて15円を予定していることから、普通配当のみの比較では増配となるとの観測が好感されているようだ。

 記事によると、1部上場による知名度の向上に加えて、株主還元の強化で新しい株主の開拓に弾みを付けたい考えだという。金融系システムの開発や車載系組み込みソフト開発などを中心に業績堅調が期待できるだけに、株主還元への期待も高まっているようだ。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均