市場ニュース

戻る

【通貨】欧州為替:ドル・円は114円93銭から115円20銭で推移

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 14日のロンドン外為市場では、ドル・円は114円93銭から115円20銭で推移した。本日から始まる米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げの可能性や、今年の利上げペース加速示唆への警戒感からドル買いが先行。その後、利益確定などのドル売りが優勢になった。


 ユーロ・ドルは1.0629ドルから1.0650ドルで推移し、ユーロ・円は122円22銭から122円58銭で推移した。独・3月ZEW景気期待指数、ユーロ圏・1月鉱工業生産とも前月から改善したが予想を下回り、買い材料にはならなかった。


 ポンド・ドルは1.2110ドルから1.2146ドルで推移。英国のメイ首相がEU離脱を通告する権限を得たことが、ポンドの重石になった。ドル・スイスフランは1.0069フランから1.0101フランで推移した。

《KK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均