市場ニュース

戻る
2017年03月14日16時10分

【特集】イーレックス Research Memo(2):PPS(新電力)として2001年から電力小売りをスタート

イーレックス <日足> 「株探」多機能チャートより

■会社概要

1. 沿革
イーレックス<9517>は1999年、日短エクスコ(株)の多角化の一環として、日短エナジー(株)として設立され、翌年に現社名イーレックス(株)に変更された。2000年に「特定規模電気事業者(PPS)」制度が創設されたのを受けて、2001年1月に経済産業省へPPSとしての届出を行い、電力小売事業を開始した。

同社の事業は、電力を卸売販売並びに需要家に対する小売販売をすることだ。従来、日本では東京電力<9501>に代表される大手電力会社(制度上は「一般電気事業者」と呼ばれる)が地域独占で電力供給を担ってきた。しかし、電力自由化の流れのなかで2000年にPPS制度が創設され、同社は3社目の登録事業者として2001年から電力小売事業を開始した。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《HN》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均