市場ニュース

戻る
2017年03月14日12時55分

【材料】三菱UFJなどメガバンクに売り買い交錯、米長期金利上昇もFOMC通過待ち

三菱UFJ <日足> 「株探」多機能チャートより
 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、三井住友フィナンシャルグループ<8316>などメガバンクは売り買い交錯、前日終値近辺でやや弱含む展開となっている。15日の米FOMCを前に前日の米国株市場では方向感が定まらない動きをみせたが、米10年物国債利回りは2.6%台に上昇するなど長期金利には再び先高ムードが漂ってきた。そのなか、市場では「目先は、FOMCというよりはFOMC後のイエレンFRB議長の記者会見待ちで、それまでは銀行や保険株には買いが入れにくい。今後の利上げペースが年3回というのが市場のコンセンサスだが、仮に年4回の可能性も意識させるようなコメントが出た場合は日米ともに金融株は買い直される展開となる」(国内準大手証券)との見方を示している。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均