市場ニュース

戻る
2017年03月14日10時07分

【市況】10時5分時点の日経平均は前日比11.70円安、決算発表再延期と伝わった東芝は200円での攻防

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時5分時点の日経平均は前日比11.70円安の19622.05円で推移している。ここまでの高値は9時07分の19637.55円、安値は9時23分の19602.38円。為替市場では、ドル・円は114円80銭台、ユーロ・円は122円30銭台と目立った動きは観測されていない。東証一部の売買代金は約5000億円に留まっており、米連邦公開市場委員会(FOMC)やオランダ下院選挙の結果を見極めたいとするムードが強まっている様子。

TOPIXコア30銘柄では、パナソニック<6752>、トヨタ自<7203>、三井不<8801>、三菱地所<8802>、JR東海<9022>がさえない。一方、武田<4502>、ファナック<6954>、東京海上<8766>がしっかり。なお、決算発表の再延期が伝わった東芝<6502>は、200円での攻防を迎えている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均