市場ニュース

戻る
2017年03月14日09時21分

【材料】稀元素がカイ気配スタート、配当増額と株主優待制度導入、1対5株の株式分割を好感

稀元素 【日足】
多機能チャートへ
稀元素 【日中足】
 第一稀元素化学工業<4082>がカイ気配スタートとなっている。13日の取引終了後、従来30円を予定していた期末配当について、5円増額して35円にすると発表。同時に、17年3月31日時点の株主から、株主優待制度を導入すると発表したことなどが好感されている。業績が堅調に推移していることから、配当を引き上げるという。なお、

 年間配当は60円(従来予想55円)となり、前期実績45円に対しては15円の増配となる予定。一方、株主優待は毎年3月末で1単元(100株)以上を保有する株主に対して、一律でクオカード2000円分を贈呈するとしている。

 また、4月21日を基準日として1対5株の株式分割を実施するとあわせて発表したことも好材料視されている。投資単位当たりの金額を引き下げることで、株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることが目的という。なお、効力発生日は4月22日の予定だ。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均