市場ニュース

戻る
2017年03月14日06時49分

【通貨】NY為替:米長期金利の上昇を意識してドル下げ渋り

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

13日のニューヨーク外為市場でドル・円は、114円55銭へ弱含んだのち、114円89銭へ上昇して114円88銭で引けた。
欧州の政治的混乱への警戒感にいったんリスク回避の円買い・ドル売りが優勢となったが、今週予定されている連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げを織り込む動きに債券利回りの上昇に伴うドル買いが下値を支えた。
ユーロ・ドルは、1.0679ドルから1.0652ドルまで下落し1.0653ドルで引けた。今週予定されているオランダ議会下院選挙への警戒感に加えて、フランス大統領選挙における調査で極右派のルペン氏の支持率上昇で域内の政治的な警戒感が広がった。ユーロ・円は、122円44銭から122円25銭の安値圏でもみ合った。ポンド・ドルは、1.2214ドルから1.2251ドルへ上昇。ドル・スイスは、1.0089フランから1.0061フランへ下落した。

《MK》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均