市場ニュース

戻る
2017年03月13日16時54分

【特集】イーストン Research Memo(2):ルネサスエレクトロニクス直下の有力特約店の地位を確立

イーストン <日足> 「株探」多機能チャートより

■会社概要

1. 沿革
ルネサスイーストン<9995>は1954年に福島電気工業株式会社として設立された。かねてより電気・電子部品の販売を手掛けてきたが、日立製作所<6501>と電子管(電子部品)についての第1号の特約店契約を締結し、事業を拡大させてきた。途中、1984年に商号を株式会社イーストンエレクトロニクスに変更した。

同社は日立製作所との密接な関係において、半導体製品、電子部品製品の領域に特化して日立製品の販売を行っていた。日立製作所は、1999年に汎用DRAMを、2003年にロジック系半導体を、それぞれ分社化した。こうした流れのなか、同社は(株)ルネサステクノロジの販売子会社であった(株)ルネサス販売と特約店契約を締結し、ロジック系半導体を中心に事業を展開してきた。その後2009年4月に、ルネサス販売の子会社であった(株)ルネサスデバイス販売を合併し、現社名に変更した。

2010年にルネサステクノロジとNECエレクトロニクス(株)の合併によりルネサスエレクトロニクスが誕生すると、同社は特約店契約を締結した。ルネサスエレクトロニクスの特約店16社の1社として、トップクラスの販売実績を継続して現在に至っている。

このような沿革を反映して、ルネサスエレクトロニクスが最大株主として同社株の15.0%を保有するほか、日立製作所も2.3%を保有しており、ビジネスと資本の両面において、両社と深いつながりを有している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《HN》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均