市場ニュース

戻る
2017年03月13日12時10分

【市況】もち合いレンジ突破を見極めつつ、出遅れセクターや銘柄の見直し/後場の投資戦略

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 19642.01 (+37.40)
TOPIX  : 1577.37 (+3.36)

[後場の投資戦略]

 日経平均は利食いが先行したものの、その後はプラス圏での推移をみせており、もち合いレンジ突破が意識されやすい。FOMCでの利上げは決定的であり、織り込み済みではあるが、これまで日本株については見極めムードからこう着が続いていたこともあり、ドル高進行や米国債利回りの上昇を背景にトレンドが強まる可能性はある。

 セクターでは情報通信の強さが目立っている。やや内需系にシフトしている感はあるが、出遅れ感もある。もち合いレンジ突破を見極めつつ、出遅れセクターや銘柄の見直しが意識されそうである。(村瀬智一)
《AK》

 提供:フィスコ

日経平均