市場ニュース

戻る
2017年03月11日08時33分

【通貨】NY為替:米良好な2月雇用統計織り込み済みでドル伸び悩む、115.51円⇒114.66円

ドル円 <日足> 「株探」多機能チャートより

10日のニューヨーク外為市場でドル・円は、115円51銭まで上昇後、114円66銭へ反落して114円81銭で引けた。

米国の2月雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を上回る伸びを見せたため利上げペース加速観測にいったんドル買いが強まった。しかし同時に、賃金の伸びが予想を下回ったためドル買いが後退。債券利回りの低下に伴うドル売りに、ストップロスを巻き込んで反落した。

ユーロ・ドルは、1.0600ドルから1.0699ドルまで上昇し1.0675ドルで引けた。「欧州中央銀行(ECB)は量的緩和(QE)終了前に、利上げをする可能性に関して協議した」との報道を受けてユーロの買戻しに拍車がかかった。ユーロ・円は、122円04銭へ下落後、122円83銭まで上昇。ポンド・ドルは、1.2143ドルから1.2189ドルへ上昇。ドル・スイスは、1.0139フランへ上昇後、1.0079フランへ反落した。

《MT》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均