市場ニュース

戻る
2017年03月10日15時36分

【通貨】外為サマリー:115円40銭台に上昇、日経平均株価の大幅高で買い姿勢強まる

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 10日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後3時時点で1ドル=115円41銭前後と前日午後5時時点に比べ90銭弱の大幅なドル高・円安。ユーロは1ユーロ=122円32銭前後と同1円60銭強のユーロ高・円安で推移している。

 ドル円は午後に入り、ドル高・円安が加速。米長期金利は時間外取引で高止まりし、日経平均株価が上昇基調を強めるなか、午後2時過ぎに115円40銭台まで値を上げた。今晩に米2月雇用統計の発表を控えているが、米国の3月利上げの公算が高まるなか前倒し的なドル買い・円売りの動きが強まっている様子だ。チャート的にも115円前後の抵抗線を突破してきたことから、上値が軽くなっている。

 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.0598ドル前後と前日に比べ 0.0060ドル強のユーロ高・ドル安で推移している。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均