市場ニュース

戻る
2017年03月10日13時08分

【材料】鎌倉新書が反落、18年1月期大幅増益予想も利益確定売り優勢

鎌倉新書 <日足> 「株探」多機能チャートより
 鎌倉新書<6184>が反落。9日の取引終了後に発表した18年1月期の単独業績予想は、売上高17億円(前期比27.6%増)、営業利益4億2000万円(同28.3%増)、純利益2億5500万円(同23.6%増)と大幅増益を見込んでいるものの、4億5000万円前後を見込む市場予想を下回っていることに加えて、前日まで4日続伸していたことから、利益確定売りが出ているようだ。

 今期は主力であるWEB事業で墓・葬祭、仏壇すべての事業で拡大を図るとともに、未来の事業への投資も行うという。なお、17年1月期決算は、売上高13億3200万円(前の期比16.1%増)、営業利益3億2700万円(同45.1%増)、純利益2億600万円(同64.0%増)だった。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均