市場ニュース

戻る
2017年03月10日09時07分

【経済】2月米平均時給に注目


 米労働省が10日に発表する2月米雇用統計では、非農業部門雇用者数は前月比+20万人程度、失業率は4.7%と予想されている。8日発表された2月ADP全米雇用報告では、前月比+29.8万人の雇用増となっていることから、市場関係者の一部は2月の非農業部門雇用者数は25万人程度増加すると予想している。

 市場関係者の多くは、インフレ見通しに影響を与える平均時給の動向を注目している。市場予想の前年比+2.8%を上回る伸びとなった場合、インフレ進行の思惑は強まり、リスク選好的なドル買いが活発となる可能性がある。

 また、平均時給の伸びが市場予想を下回った場合でも3月を含めた年内3回の利上げ見通しは後退しないとの見方が多いようだ。米国株がしっかりとした動きを見せた場合、ドルは全般的に下げ渋る可能性が高いとの声が聞かれている。なお、来週開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で経済予測が公表される。その中に含まれる金利、インフレの見通しについては、1月時点のFOMC予測とほぼ同様と予想されている。
《MK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均