市場ニュース

戻る
2017年03月09日12時36分

【経済】中国家電大手の美的、東芝半導体への出資観測を否定

東芝 <日足> 「株探」多機能チャートより

中国家電大手の美的集団(000333/SZ)はこのほど、「東芝<6502>の半導体(IC)新会社に同社が出資意欲を示した」とする一部メディアの報道を否定した。同社は正式な回答として、「そのような計画はなく、情報開示に関する上場規定に違反することもない」とコメントしている。中国の複数メディアが8日伝えた。
日本での8日付の報道によると、美的控股(美的集団の親会社)の袁利群・副総裁が出資の可能性を示唆。袁副総裁は「社内には、東芝向けの戦略チームがある。美的は開放的な会社で、出資が実現すれば、社内で受け入れる力が十分にある」と述べたとされる。
原発事業に絡む巨額損失で経営危機に直面する東芝は、経営主軸のフラッシュメモリー事業を分社化し、株式の売却収入を経営再建に投入する方針だ。今月1日には、新会社への出資提案を募ると発表。半導体事業の価値について、東芝は2兆円規模と見込んでいる。
なお、美的集団は2016年7月、東芝の白物家電事業を買収。東芝ライフスタイルの株式80.1%を514億円で取得した。グローバル戦略を一段と推進する狙いで、冷蔵庫、洗濯機、掃除機などの生産販売を強化し、向こう40年にわたって「東芝」ブランドで世界展開する構えだ。双方が擁する経営資源を補完しながら、今後の成長チャンスを探る。
東芝のIC事業をめぐっては、世界的に重大な関心が寄せられている。株式の一部保有を含めて、争奪戦に発展する可能性が濃厚だ。観測を含めた買い手候補は、◆コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR/NYSE)、べインキャピタルやシルバーレイクなどの投資銀行やファンド、◆マイクロン・テクノロジー(MU/NYSE、NASDAQ)、ウェスタン・デジタル(WDC/NASDAQ)、SKハイニックス(000660/KS)、キングストンテクノロジー台湾子会社や群聯電子 (8299/TW) などのライバル企業や協業会社、◆台湾積体電路製造(TSMC:2330/TW)、鴻海精密工業(2317/TW)、アップル(AAPL/NASDAQ)、マイクロソフト(MSFT/NASDAQ)など取引先の3種に分類される。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均