市場ニュース

戻る
2017年03月09日12時17分

【市況】後場に注目すべき3つのポイント~イベント控え出遅れている中小型株を探る動き

ドル円 <日足> 「株探」多機能チャートより

9日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・イベント控え出遅れている中小型株を探る動き
・ドル円は114円41銭、小じっかり、米3月利上げ観測で
・ビリングシス、三井ハイテ、ダイケンなど11社がストップ高

■イベント控え出遅れている中小型株を探る動き

日経平均は小幅に反発。29.07円高の19283.10円(出来高概算7億9000万株)で前場の取引を終えている。注目されていたADP雇用報告では、民間部門雇用者数が29.8万人増と、市場予想の18.5万人増を上回る大きな伸びとなった。これにより週末の雇用統計を待たずに
来週のFOMCでの利上げが確実視される格好。シカゴ日経225先物は大阪比70円高の19320円、円相場は1ドル114円台半ばとやや円安に振れて推移するなか、自律反発の流れをみせている。

セクターではゴム製品、精密機器、海運、非鉄金属、ガラス土石、金属製品、繊維、輸送用機器、電気機器、その他製品がしっかり。半面、鉱業、鉄鋼、電力ガス、石油石炭、不動産、水産農林、陸運が冴えない。東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1100を超えており、全体の過半数を占めている。売買代金上位では任天堂<7974>、トヨタ自<7203>、オリンパス<7733>が堅調。半面、ソフトバンクG<9984>、モブキャスト<3664>、JR九州<9142>が冴えない。

日経平均は5日線と25日線とのレンジ取引をみせている。5日線に上値を抑えられる格好で前引けにかけて上げ幅を縮めており、手掛けづらさが窺える。もっとも、メジャーSQのほか、米雇用統計を控えていることもあり、自律反発ながらも戻りの鈍さは想定内であろう。さすがに25日線を明確に割り込んでくるようだとポジション調整の売りが強まる可能性があるが、米3月利上げが確実視されるなかで米雇用統計への警戒は強くない。SQによる影響を避けるようだと、中小型株へのシフトが強まろう。

マザーズ指数は続伸、JASDAQ平均は20営業日続伸。過熱警戒感はくすぶっているなか、資金の逃げ足の速さには注意したいところ。ただ、新興市場に資金が流入しやすい需給状況にあるため、相対的に出遅れている中小型株を探る動きになりそうだ。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■ドル・円は114円41銭、小じっかり、米3月利上げ観測で

9日午前の東京外為市場では、ドル・円は小じっかり。米連邦準備制度理事会(FRB)による来週の利上げを織り込む動きとなった。

ドル・円は、来週の米利上げに期待が高まった前日NY市場の流れを受け、アジア市場でもドル買い基調が続いた。日経平均株価の上昇を手がかりにドルは114円32銭から114円59銭まで値を切り上げた。

その後は利益確定売りなどで上昇は一服。ただ、米金利の上昇基調やランチタイムの日経平均先物のプラス圏推移を背景に、ドル買い・円売りに振れやすい地合いに変わりはなく、目先も小じっかりの展開となりそうだ。

ここまでのドル・円の取引レンジは114円32銭から114円59銭、ユーロ・円は120円50銭から120円75銭、ユーロ・ドルは1.0537ドルから1.0548ドルで推移した。

12時15分時点のドル・円は114円41銭、ユーロ・円は120円56銭、ポンド・円は139円16銭、豪ドル・円は86円00銭で推移している。

(為替・債券アナリスト 吉池威)


■後場のチェック銘柄

・ビリングシス<3623>、三井ハイテ<6966>、ダイケン<5900>など11社がストップ高
※一時ストップ高(気配値)を含みます

・2月マネーストックM3:前年比+3.6(予想:+3.6%、1月:+3.5%)
・1月毎月勤労統計・現金給与総額:+0.5%(前年比予想:+0.4%、12月:+0.5%←+0.1%)
・中・2月消費者物価指数:前年比+0.8%(予想:+1.7%、1月:+2.5%)
・中・2月生産者物価指数:前年比+7.8%(予想:+7.7%、1月:+6.9%)

・麻生財務相
「2020年のプライマリー・バランス目標は堅持している」

☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・特になし

<海外>
・特になし

《SK》

 提供:フィスコ

日経平均