市場ニュース

戻る
2017年03月09日12時13分

【通貨】東京為替:ドル・円は小じっかり、米3月利上げ観測で

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

9日午前の東京外為市場では、ドル・円は小じっかり。米連邦準備制度理事会(FRB)による来週の利上げを織り込む動きとなった。

ドル・円は、来週の米利上げに期待が高まった前日NY市場の流れを受け、アジア市場でもドル買い基調が続いた。日経平均株価の上昇を手がかりにドルは114円32銭から114円59銭まで値を切り上げた。

その後は利益確定売りなどで上昇は一服。ただ、米金利の上昇基調やランチタイムの日経平均先物のプラス圏推移を背景に、ドル買い・円売りに振れやすい地合いに変わりはなく、目先も小じっかりの展開となりそうだ。

ここまでのドル・円の取引レンジは114円32銭から114円59銭、ユーロ・円は120円50銭から120円75銭、ユーロ・ドルは1.0537ドルから1.0548ドルで推移した。



【経済指標】
・2月マネーストックM3:前年比+3.6(予想:+3.6%、1月:+3.5%)
・1月毎月勤労統計・現金給与総額:+0.5%(前年比予想:+0.4%、12月:+0.5%←+0.1%)
・中・2月消費者物価指数:前年比+0.8%(予想:+1.7%、1月:+2.5%)
・中・2月生産者物価指数:前年比+7.8%(予想:+7.7%、1月:+6.9%)

【要人発言】
・麻生財務相
「2020年のプライマリー・バランス目標は堅持している」

《MK》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均