市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は4日続落、米株安と円強含みが重し/相場概況

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は4日続落。7日の米国市場では、トランプ大統領が薬価引き下げ等に言及したことから製薬セクターを中心に売られ、NYダウは29ドル安となった。また、円相場は一時下落する場面があったものの、米1月貿易赤字の拡大やロス米商務長官発言を受けて再び強含み、日経平均はこうした流れを受けて35円安からスタートした。寄り付き後は一時19198.78円(前日比145.37円安)まで下落したが、売りが一巡すると19200円台でこう着感の強い展開となった。今来週の重要イベントを控え引き続き様子見ムードも強かった。

大引けの日経平均は前日比90.12円安の19254.03円となった。東証1部の売買高は16億2603万株、売買代金は2兆0144億円だった。業種別では、鉄鋼、証券、海運業が下落率上位だった。一方、精密機器、建設業、金属製品が上昇率上位だった。

個別では、ソフトバンクG<9984>、トヨタ自<7203>、日産自<7201>などがさえない。三菱UFJ<8306>やみずほ<8411>も小安い。JFE<5411>、日東電<6988>、アルプス電<6770>は2%超の下落。一部証券会社の投資評価引き下げが観測された三越伊勢丹<3099>は4%近く下げた。また、フィードワン<2060>、ヤマシンフィル<6240>、ニッタゼラチン<4977>などが東証1部下落率上位となった。一方、任天堂<7974>が4日続伸したほか、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、キヤノン<7751>が小高い。東芝<6502>は中国家電大手が半導体新会社への出資に意欲と報じられ2%超上昇し、JR九州<9142>も上げが目立った。また、レック<7874>、JALUX<2729>、ネクシィーズG<4346>などが東証1部上昇率上位となった。
《HK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均