市場ニュース

戻る
2017年03月08日07時23分

【市況】NY金:6日続落で1216.10ドル、米3月利上げを引き続き意識


NY金先物は6日続落(COMEX金4月限終値:1216.10↓9.40)。1214.10ドルから1227.40ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。為替、株式市場で目立った動きが観測されないなか、14-15日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ実施が意識されて、引き続き売り優勢の展開となった。

日足チャートでは、25日移動平均線(1233ドル水準)でもみあっている。欧米政治リスクへの警戒感を下支えに金は堅調に推移するとの声は根強いが、目先「米3月利上げ」の思惑が重しとなっている。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均