市場ニュース

戻る
2017年03月08日05時20分

【注目】前日に「売られた株!」総ザライ ―本日への影響は?―

そーせい <日足> 「株探」多機能チャートより

■そーせいグループ <4565>  12,730円 (-240円、-1.9%)

 そーせいグループ <4565> は4日続落、下値模索の展開にある。SMBC日興証券が6日付で同社株の目標株価を2万3000円から1万9000円に引き下げている(投資評価は「1」継続)。同証券ではそーせいの17年3月期通期計画を減額修正した。アラガン、ノバルティスなど提携する海外製薬会社の決算や開発動向を踏まえ、同社の中長期業績予想を見直したことが、目標株価引き下げの理由。17年3月期営業利益は従来予想の198億円から124億円(前期比11.5倍)に下方修正、これは会社側の今期計画とほぼ一致する。

■三菱自動車工業 <7211>  715円 (-11円、-1.5%)

 野村証券が6日付で三菱自動車工業 <7211> の投資判断を「バイ(買い)」→「ニュートラル(中立)」に引き下げたことが売り材料視された。なお、目標株価800円は据え置いた。リポートでは、新型車効果や日産自 <7201> とのシナジーで売上増やコスト減の好影響が中長期にわたり期待できるとの見方は不変としながらも、大幅な株価上昇により19年3月期にかけてのV字回復は一定程度織り込まれたと判断。米国事業が好調で、米国の政策変更にも柔軟に対応できる日産自や富士重 <7270> と比較し、相対的に投資魅力が低下した点も踏まえて投資判断を引き下げた。同証券では、17年3月期の連結営業利益は57億円(会社計画は10億円)、18年3月期は1190億円、19年3月期は1610億円に急回復すると予想している。

■昭和電工 <4004>  1,870円 (-27円、-1.4%)

 昭和電工 <4004> が反落。6日の取引終了後、従来30円を予定していた16年12月期の期末一括配当を無配にすると発表しており、これを嫌気した売りが出た。連結子会社昭光通商 <8090> の決算確定作業が遅延していることが要因だという。なお、前の期は3円(16年7月1日付で10株につき1株の株式併合を実施)だった。

※7日の下落率が大きかった銘柄を株価変動要因となった材料とともに抜粋

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均