市場ニュース

戻る
2017年03月07日19時02分

【特集】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家R:ツイッター情報(イナゴ)、有料情報は必要か


以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家R氏(ブログ「デイトレードで毎日を給料日にしよう♪」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2017年3月2日16時に執筆

こんにちは。今回は超短期トレードで安定した利益を出すために、流行りのツイッター情報(ツイッターイナゴ)や有料情報は必要かどうか考えていきたいと思います。

あくまでこのレポートは勝てずに苦しい思いをしている人向けに作成しております。ご了承下さい。

■ツイッターイナゴって何?

ツイッターイナゴとは、今流行りのツイッターで銘柄情報を発信している人のツイートをいち早く察知し、その銘柄を買うトレード手法のことです。大きな影響力を持った人が銘柄をツイートすると、多くの個人投資家が買い殺到します。ですから株価は大きく上昇することになります。しかし、その上昇が一時的なものか、そのまま上昇基調を継続するのかはその時により違ってきます。したがって大きな利益を得られる個人投資家もいれば、絶望的な高値掴みをしてしまう個人投資家もいるということです。

■ツイッターイナゴは有効?騙されるだけ?

殿様イナゴと呼ばれるような影響力の大きい人が銘柄をツイートした場合、ほぼ確実と言っていいほど株価は上昇します。しかしながら、まさにツイートした直後に買い殺到という状況になります。すなわち、いち早く察知して、いち早く買わないと高値掴みとなってしまうわけです。

どの世界、業界にもプロはいます。ツイッターイナゴを使って利益を出し続けている人もいます。しかし毎回のように高値掴みをさせられ、「詐欺!騙された!」などと悔しい思いをした人もたくさんいると思います。

どこに差があるかと言えば、やはり買うまでの速度です。なんとなくツイッターを見て取引している人や、有名人のリツイート等で情報を得ているような人は毎回高値掴みになるかと思います。今は特定の人がツイートするとそれを知らせてくれるアラート機能もありますし、買い注文がすぐに通るようなシングルクリック注文、確認ボタンのスキップ等色々あります。

ツイッターイナゴで利益を出し続けているプロは、誰よりも早くツイートを察知し、誰よりも速く注文を入れられるよう努力しているということです。つまり、この努力ができる人にとっては有効であり、できない人は高値掴みになるからやめた方がいいということです。

■有料情報は必要かどうか

絶対に必要かと言われれば、必要ないと断言します。しかし、デイトレーダーとして1日ずっとパソコンの前にいると、不可解な急上昇をよく見かけると思います。11時ジャスト、14時ジャスト、引け間際あたりは特によく見かけます。

ニュース等を即座に調べてみても何もない。そういう時は有料情報が配信された可能性があります。前述のツイッターイナゴによる上昇の場合、調べればすぐにわかりますが、有料情報であるとさすがに見つけることはできません。よってその可能性が高いということです。

やはりこちらも配信にいち早く気付いて、すぐに買わないと高値掴みとなってしまいがちです。しかしながら、なぜ上昇したのかという理由を知っているか、知らないかでは投資判断が大きく異なります。やはり知っている方が行動に踏み切る判断をしやすいですし、有利になります。よって有料情報は必要不可欠ではないけれど、いくつか情報筋を持っていると有利になる可能性があるということです。

■有料情報はスイングで生かす

有料情報サイトの多くは、超短期トレード用でなく、数日~数週間の投資推奨銘柄を出してきます。配信直後はどうしても大きく上昇してしまうので、すぐに押してきてしまうことが多いです。こればかりは有料情報サイトもどうすることもできないのだと思います。

情報を出す側も、消費者と長くお付き合いしたいわけですから、騙すような情報を出しているわけではありません。しかしながら、個人投資家があまりに群がってしまい、シナリオを変更せざるを得ないケースもあるかと思います。

いかに有料情報を得ようとも、100%でない以上、その情報で株を買うべきか買わないべきかの最終判断は自分自身でするしかありません。人形のようにいいなりになっているようでは、仮に素晴らしい情報であっても生かすことができませんからね。

今回はここまでですが、私の個人ブログは「デイトレードで毎日を給料日」と検索すると出てきます。そこでは株で勝つための考え方をもっと詳しく書いてありますので是非ご覧になって下さい。

次回は超短期トレードで安定的に利益を出すために、コツコツドカンを回避する練習方法、すなわちロスカットできない病をどう克服するかの方法についていくつか種類を挙げていきます。利益を出せるようになるのは一定の努力で辿りつけるポイントだと思います。しかし、そのせっかくの利益を定期的に一発で吹き飛ばすこともまた誰もが辿りついてしまうポイントかと思います。ここから抜けださない限り安定は得られません。私自身も究極のコツコツドカントレーダーだった時期があります。いえ、コツコツドンガラガッシャーンでした。経験を踏まえ書きたいと思いますので楽しみにしていて下さい。

あくまで私個人が勝てるようになった経緯に基づいた個人的な意見になります。参考になるという方もいれば、参考にならない方もいらっしゃると思います。

どんな人にも面白いと思ってもらえるような記事作りに励んでいきたいと思いますのでよろしくお願いします。

----

執筆者名:R
ブログ名:デイトレードで毎日を給料日にしよう♪

《HK》

 提供:フィスコ

日経平均