市場ニュース

戻る
2017年03月06日15時33分

【通貨】外為サマリー:1ドル113円80銭前後のもみ合い、方向感に欠ける展開に

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 6日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後3時時点で1ドル=113円86銭前後と前週末午後5時時点に比べ40銭前後のドル安・円高。ユーロは1ユーロ=120円73銭前後と同50銭前後のユーロ高・円安で推移している。

 ドル円は午前9時過ぎに一時113円72銭まで値を下げる場面があったが、全般的に動意薄で午後に入ってからも113円80銭台を中心とする狭いレンジでの一進一退が続いた。米国の3月利上げが有力視されているが、今週末の米2月雇用統計を確かめたいとの姿勢も強い。また、米長期金利は時間外取引で2.47%前後と2.5%ラインを突破し切れずにいることも、ドルの上値を抑える要因となっている。

 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.0603ドル前後と前週末に比べ 0.0080ドル強のユーロ高・ドル安で推移している。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均