市場ニュース

戻る
2017年03月06日08時00分

【為替】今日の為替市場ポイント:米3月利上げを想定したドル買い一服

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

3日のドル・円相場は、東京市場では114円48銭から114円07銭で推移。欧米市場でドルは114円75銭まで買われた後に113円81銭まで反落し、114円04銭で取引を終えた。

本日6日のドル・円は114円前後で推移か。米3月利上げを想定したドル買い・円売りは一服しつつある。新たなドル買い材料が提供されない場合、ドルは114円台半ば近辺で上げ渋る展開が予想される。

イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は3日に講演を行い、「雇用関連の指標とインフレが力強さを維持すればFRBは今月の会合で利上げを決定する」との見解を表明した。イエレンFRB議長は2月14日に開かれた米上院銀行委員会の議会証言でも「緩やかなインフレ率の上昇や労働市場の引き締まりによって、一段の利上げが適切になる」との認識を示している。

ただ、市場関係者の間からは「3月に利上げが行われても年内3回の利上げ見通しは変わらない」との声が聞かれている。足元のインフレ率は2%の目標水準を下回る状態が続いており、市場関係者の間ではFRBは利上げペースを速める必要はないとの見方が多い。

10日発表の2月米雇用統計が予想外に悪化しない限り、3月利上げは確定的とみられているが、平均時給の伸びが市場予想の前年比+2.8%を下回った場合、インフレ加速の思惑は後退するだろう。3月利上げは問題ないとしても米長期金利は伸び悩み、ドルの上値は重くなる可能性がある。

《SK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均