市場ニュース

戻る
2017年03月02日08時46分

【市況】2日の株式相場見通し=米株式の大幅高と円安進行を好感し買い先行

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより
 2日の東京株式市場は、前日の米株式市場でNYダウ平均株価が前日比300ドルを超える上昇幅となったことに加え、外国為替市場で円安・ドル高が進行していることから買い先行のスタートとなりそうだ。2日早朝の東京外国為替市場では、1ドル=114円を挟んだ水準と、前日に比べて円安・ドル高が進行している。

 1日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比303.31ドル高の2万1115.55ドルと大幅反発し、2日ぶりに過去最高値を更新した。大規模な法人税減税やインフラ投資の推進を確約したトランプ米大統領の議会演説や、早期利上げ観測の高まりを好感して、金融株などを中心に買い安心感が広がり、NYダウ平均株価は、昨年11月8日の米大統領選以降で最大の上昇幅となった。ナスダック総合株価指数は、前日比78.591ポイント高の5904.029と反発した。

 日程面では、2月のマネタリーベースに注目。海外では、2月のユーロ圏消費者物価、1月のユーロ圏失業率が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均