市場ニュース

戻る
2017年03月01日12時00分

【市況】日経平均は続伸、トランプ演説の判断は今晩の米国頼み、こう着相場継続か/ランチタイムコメント

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

 日経平均は続伸。103.57円高の19222.56円(出来高概算10億株)で前場の取引を終えている。2月28日の米国市場はトランプ大統領の議会演説を控えるなか、NYダウは13営業日ぶりに反落となった。一方で、シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円高の19180円、円相場は1ドル113円台と円安に振れて推移するなか、買い戻しとみられる動きをみせている。

 前引け際にトランプ大統領の議会演説が予定されているが、市場はそれを前にアク抜けを想定した値動きのなか、日経平均は一時19300円を回復する場面をみせている。ただ、前引けにかけては見極めたいとのムードもあってか、19200円処と上げ幅を縮めている。

 東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が若干上回っているが、値上がり、値下がり数はほぼ拮抗。セクターでは保険、機械、石油石炭、情報通信、化学、電気機器が上昇。半面、海運、鉱業、その他金融、非鉄金属、パルプ紙が小安い。

 大阪225先物は19200-19270円辺りで推移しており、トランプ大統領の議会演説が続く中、大きな動きはみせていない。現物の後場取引前後にどういったトレンドをみせてくるかが注目される。もっとも、実際の米国の反応を確認するまでは強弱を判断するのは難しく、後場はこう着感が強まりやすいだろう。ショートカバーとみられる動きがあったことから、大引けにかけてはポジション調整からやや軟調に推移する可能性はありそうだ。

 その為、インデックスのインパクトを受けやすい値がさ株の動向を睨みつつ、短期資金は中小型株辺りにシフトしやすいとみられる。(村瀬智一)
《AK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均