市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドルは113円10銭近辺で推移、トランプ大統領の議会演説始まる

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

3月1日午前の東京市場でドル・円は113円10銭台で推移し、上昇一服。トランプ米大統領の議会演説が始まったが、演説要旨はすでに公表されており、市場関係者の多くは詳細部分に注目しているようだ。税制改革、外交などの分野で基本方針について説明するが、要点はすでに公表されており、この先の為替相場への影響は限定的とみられる。ここまでのドル・円の取引レンジは112円76銭から113円38銭。
・ユーロ・円は、119円23銭から119円70銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.0555ドルから1.0580ドルで推移

■今後のポイント
・112円台後半で個人勢、短期筋などのドル買い興味残る
・1ドル=115円以上で輸出企業などのドル売り予約が増えるとの見方

・NY原油先物(時間外取引):高値54.00ドル 安値53.90ドル 直近値53.95ドル

《MK》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均