市場ニュース

戻る
2017年03月01日10時36分

【通貨】外為サマリー:1ドル113円台を回復、FRB高官発言で3月利上げ観測高まる

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 1日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時過ぎ時点で1ドル=113円14銭前後と前日午後5時時点に比べ80銭強の大幅なドル高・円安で推移している。

 ドル円相場はニューヨーク市場で112円後半に急上昇したが、この日の東京市場に移ってから一段高。午前8時過ぎに2月23日以来となる113円台を回復した。ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁やダドリー・ニューヨーク連銀総裁が相次いで早期利上げに関して前向きな発言をしたほか、ブラード・セントルイス連銀総裁は「バランスシート縮小を開始するべき」との見解を示した。これを受け、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループが算出する「FEDウオッチ」では、3月利上げの可能性は60%台に急上昇している。この日は日本時間の午前11時から米トランプ大統領の議会演説が予定されており、その内容が注目されている。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.0562ドル前後と同0.0030ドル強のユーロ安・ドル高だった。対円では1ユーロ=119円49銭前後と同50銭強のユーロ高・円安で推移している。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均