市場ニュース

戻る
2017年03月01日08時38分

【市況】1日の株式相場見通し=トランプ氏演説注視で神経質な推移、外国為替市場主導で波乱展開も

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより
 1日の東京株式市場は、日本時間午前11時にスタートするトランプ米大統領の議会演説の内容を注視しながらの神経質な推移となりそうだ。特に、外国為替市場で大統領の発言を手掛かりとして、仕掛け的な売買で利益確保を狙う動きも想定されることから、これに連動して株式市場に波乱が波及する懸念もある。

 28日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比25.20ドル安の2万812.24ドルと13日ぶりに反落した。トランプ米大統領の議会での演説を前にして、その内容を見極めたいとの姿勢が強まり、前日までの12日続伸への警戒感から利益確定の売りが先行した。ナスダック総合株価指数は、前日比36.461ポイント安の5825.438と3日ぶりに反落した。

 日程面では、10~12月期の法人企業統計、経団連加盟企業の新卒採用に関する広報活動解禁、27日時点の給油所の石油製品価格に注目。海外では、米地区連銀経済報告(ベージュブック)、米2月のISM製造業景況感指数、米1月の個人消費支出が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均