市場ニュース

戻る
2017年03月01日08時18分

【市況】ポジティブ視された場合の上昇インパクト大きい/オープニングコメント

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

 1日の日本株市場は、トランプ大統領の議会演説の内容等を手掛かりとした物色に向かうことになろう。2月28日の米国市場では、NYダウは13営業日ぶりに反落となった。イベントを前に利益確定の売りが優勢だった。原油相場の下落も嫌気された格好だが、減税やインフラ投資に関する経済政策発表への期待感が下値を支えるなか、NYダウは小幅な下げにとどまっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円高の19180円だった。

 底堅いスタートになろうが、トランプ大統領の議会演説が近づくにつれてポジション調整の流れも出やすい。議会演説は米東部時間2月28日21時(日本時間3月1日11時)からとなる。前引け間際にかけて荒い値動きになりそうであり、短期筋の仕掛け的な売買も意識されよう。参加者の多くは急落リスクを警戒しているとも考えられる。出尽くしがコンセンサスとなるなか、ポジティブ視された場合の上昇インパクトは相当大きそうだ。

 また、3月の利上げの確率は2月27日に50%と、24日時点から10ポイント上昇していると報じられている。トランプ大統領の発言によって、米景気加速の期待が高まっている。イエレンFRB議長講演が週末に控えていることもあり、市場の関心は利上げタイミングに移ろう。
《AK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均