市場ニュース

戻る

【市況】東京株式(大引け)=11円高、5日ぶり反発もトランプ演説控え伸び悩む

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 28日の東京株式市場は、前日の米株高や円安傾向のドル円相場を背景に買い優勢だったものの、後場終盤に手仕舞い売りが出て日経平均株価は急速に萎んだ。

 大引けの日経平均株価は前日比11円52銭高の1万9118円99銭と5日ぶりに小幅反発。東証1部の売買高概算は19億8400万株、売買代金概算は2兆4611億円。値上がり銘柄数は1203、対して値下がり銘柄数は639、変わらずは160銘柄だった。

 きょうの東京市場は、前日の米国株市場でNYダウが12日連続で最高値更新したことに加え、外国為替市場では1ドル=112円台後半へと円安含みで推移、朝方はこれを好感するかたちで買いが優勢となった。ただ、トランプ米大統領の議会演説を現地28日(日本時間では1日昼前)に控え、これを見極めたいとの思惑から日経平均の上値は重かった。後場終盤は主力株中心にインデックス的な売りが五月雨的に出て、前日終値近辺まで急速に軟化した。もっとも中小型株は堅調なものが多く、値上がり銘柄数は全体の6割を占めた。後場は商いも厚みを増し、前場段階で9000億円を下回っていた売買代金は大引け時点では2兆4000億円を上回った。

 個別では、ソニー<6758>がしっかり、リクルートホールディングス<6098>も買いが優勢だった。メディアドゥ<3678>がストップ高に買われ、石川製作所<6208>も値を飛ばした。ソディック<6143>が物色人気となったほか、ヤマシンフィルタ<6240>も高い。JUKI<6440>が水準を切り上げ、田淵電機<6624>も買われた。NSユナイテッド海運<9110>が上昇、ディップ<2379>も堅調だった。

 半面、東芝<6502>が軟調。朝高のトヨタ自動車<7203>やソフトバンクグループ<9984>が軟化したほか、武田薬品工業<4502>も安い。KLab<3656>が大幅安となり、ナカヨ<6715>も急落した。アコム<8572>、百五銀行<8368>などの下げも目立つ。TOWA<6315>が下落、サイバネットシステム<4312>も売りに押された。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均