市場ニュース

戻る
2017年02月28日10時22分

【特集】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家わらしべ:セプテーニHDはブルーオーシャン事業のマンガコンテンツに期待

セプテニHD <日足> 「株探」多機能チャートより

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家わらしべ氏(ブログ「テンバガーへGO!わらしべのブログ」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----
※2017年2月26日18時に執筆

フィスコソーシャルレポーターのわらしべです。
スマートフォンの普及に伴い「インターネット広告」市場は急拡大しています。しかしながら市場拡大に伴い競合会社も増えており、特色のある事業展開が今後の成長へのキーポイントになるものと考えられます。「インターネット広告」事業は「レッドオーシャン」型事業(競争の激しい既存市場)と言えると思います。
「レッドオーシャン」の対義語として「ブルーオーシャン」(新規開拓市場)というキーワードが使われますが、「インターネット広告」をコア事業とし「ブルーオーシャン」型の新規事業展開を進めつつある企業として、セプテーニHD<4293>に注目してみたいと思います。

セプテーニHD<4293>JASDAQ

【業務内容】
国内外でネットマーケティング事業を主力事業として展開する他、新規事業としてメディアコンテンツ事業等を展開する持ち株会社

【東南アジアトップクラスのデジタルエ ージェンシーLion Digital Global LTDを連結子会社化】
海外インターネット広告事業では2016年10月に連結子会社化した「Lion DigitalGlobal LTD」が寄与、国内市場にとどまらず海外事業への積極的な事業展開を行っており特に新興国である東南アジア圏は今後成長の余地が見込まれるものと考えられます。

【マンガコンテンツ事業でブルーオーシャン型の市場開拓を目指す】
「マンガコンテンツ事業」では、自社IP(知的財産)の企画・開発を目的にマンガ家の育成・支援を手がけると ともに、専属作家によるオリジナル作品を中心に構成されたマンガアプリ「GANMA!」を自社メディアとして運営して おります。その他に、社内ベンチャーから生まれた新規事業として、「採用プラットフォーム事業」、「社会貢献プ ラットフォーム事業」、「医療プラットフォーム事業」等を展開しております。(同社HPより引用)
※現在、「マンガコンテンツ事業」は将来的な収益化のための「先行投資」時期にある模様ですが、ブルーオーシャン(市場開拓)の事業として収益化すれば同社の第2の収益の柱として貢献することが期待されると思います。
また、同社のグループ会社である「セプテーニ・ベンチャーズ」では、新規事業の創出から育成を行うインキュベーション会社として、グループ内における新規事業の開発・育成体制を強化し、事業の成長ステージに合わせたインキュベーションを目的として、成長性の高い事業の開発を行っており、こういった新規事業を積極的に開発していく組織的な仕組み作りが行われていることにも今後の成長への期待が出来ると思います。

【無借金経営で財務体質は良好、NISAでの長期保有にも適す】
16.9期まで5期連続最高益・4期連続増配実施と成長性・株主還元も積極的なのは好感出来ると思います。また、2016年11月24日から2016年12月2日には180万株の自社株買いを実施しています。無借金経営で財務体質は良好、NISAでの長期保有目的としても適す銘柄と思います。

株価361円(2017年2月24日終値)
----

執筆者名:わらしべ
ブログ名:テンバガーへGO!わらしべのブログ

《KS》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均