市場ニュース

戻る
2017年02月28日09時01分

【市況】個別銘柄戦略:防衛関連やその他テーマ株物色へ

グローリー <日足> 「株探」多機能チャートより

トランプ大統領の議会講演は米東部時間28日21時(日本時間3月1日11時)からとなる。前場の終了間際となるため、発言等で大きく市場が揺れる可能性がある。波乱の展開も予想されるなか、オーバーナイトのポジションは取りづらい。その為、ポジション調整のほかは、中小型株での値幅取りにとどまりそうである。テーマ性では、トランプ米大統領は初の予算案で軍事費の10%近い増加を目指しており、防衛関連に関心。また、ソフトバンクグループの孫社長は「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」での講演で、30年以内に「超スマート」コンピューターを組み込んだロボットの数が数十億になり、人口を上回ると述べている。AIやIoT関連への手掛かり材料に。個別では、グローリー<6457>、日野自動車<7205>、住友大阪セメント<5232>、ソディック<6143>に格上げ等の動きが観測されている。
《SK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均