市場ニュース

戻る
2017年02月27日17時04分

【市況】27日時点の中国本土市場概況:上海総合0.8%安と反落、空運株さえない

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

週明け27日の中国本土マーケットは値下がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比24.77ポイント(0.76%)安の3228.66ポイントと反落した。上海A株指数も下落し、25.97ポイント(0.76%)安の3380.82ポイントで取引を終えた。外貨建てB株相場も値下がり。上海B株指数は1.73ポイント(0.50%)安の346.20ポイント、深センB株指数は4.58ポイント(0.40%)安の1145.09ポイントで終了した。

戻り待ちの売りが優勢。上海総合指数は今月に入り上昇ピッチを速め、依然として約2カ月半ぶりの高値圏で推移している。需給悪化の懸念も浮上。中国証券監督管理委員会の劉士余主席は26日、個人的な見解として、「A株のIPOを増加させる準備はできている」と発言した。あわせて、投機的な取引を抑制させる方針も示している。

業種別では、空運株の下げが目立つ。中国東方航空(600115/SH)が3.7%安、中国南方航空(600029/SH)が2.9%安で引けた。一部で噂されていた業界再編の動きに関し、航空当局が否定したことを売り材料視している。時価総額上位の金融株、石炭や石油のエネルギー株、インフラ関連株、不動産株なども売られた。

一方、他の個別株動向では、約1カ月ぶりに取引を再開した宝山鋼鉄(600019/SH)が前営業日比で7.5%上昇した。同社株に関しては、株式交換で同業の武漢鋼鉄を吸収合併。発行された新株は、この日から市場で取引されている。

(亜州IR)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均