市場ニュース

戻る
2017年02月27日11時48分

【材料】<動意株・27日>(前引け)=セグエグループ、マイネット、エスクリ

セグエG <日足> 「株探」多機能チャートより
 セグエグループ<3968>=大幅高。同社は昨年12月に上場した直近IPO銘柄でITインフラやネットワークセキュリティーを手掛けており、世界的に情報漏洩やサイバー攻撃対応に対するニーズが高まるなかで注目が集まっている。株価は年初に9070円の高値をつけた後に調整を入れていたが、1月下旬を境にトレンド転換、上値の軽さが着目され、ここ再び物色の矛先が向いている。

 マイネット<3928>=大幅続伸、ここ買いが厚みを増しており、3500円近辺での売り物をこなして再浮上の機をうかがっている。M&Aを駆使してスマートフォン用ゲームの運営に特化しており、業績は急拡大局面にある。昨年11月にクルーズ<2138>のゲーム部門の大半を買収しており、17年12月期は営業利益段階で3.5倍前後まで膨らむとの見方も出ている。

 エスクリ<2196>=上げ足を加速。同社はホテルや邸宅風施設での結婚式を企画・運営するが、地方都市を中心に出店した店舗が収益貢献して足もとの業績は好調に推移しており、17年3月期は利益上振れの可能性が意識されている。来期も、さいたま新都心での開業効果で業績高成長が続くとの見通しで、短期資金の流入を誘っている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均