市場ニュース

戻る

【市況】11時時点の日経平均は232円安、第一生命を筆頭に保険業の下落が目立つ

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

11時時点の日経平均は前週末比232.92円安の19050.62円。TOPIXは前週末比19.92pt安の1530.22pt。為替は1ドル=111円90銭台で推移。

業種別では引き続き33業種全てがマイナス圏で推移。下落率トップは前週末比3.78%の保険。第一生命<8750>など4%台の下落が目立つ。その他、鉱業、銀行、証券、鉄鋼、非鉄金属、石油石炭などが下落率上位。

東証1部の売買代金トップは、ソフトバンクグ<9984>。その他、三菱UFJ<8306>、トヨタ自<7203>、みずほ<8411>、三井住友<8316>、東芝<6502>、任天堂<7974>、三菱自動車<7211>などとなっている。

東証1部の騰落状況は値上がり299銘柄、値下がり1613銘柄。値上がり率上位銘柄は、オハラ<5218>、ソフトブレーン<4779>、ティーライフ<3172>、森永製菓<2201>、ヨコオ<6800>など。オハラは前週末比+9%の上昇に。

一方値下がり率上位は、ランド<8918>、Minoriソリューションズ<3822>、イビデン<4062>、ツバキ・ナカシマ<6464>、SUMCO<3436>など。ランドは前週末比-5%の下落となっている。

《WA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均