市場ニュース

戻る

【材料】ソフトブレーンは典型的な下値切り上げトレンド形成、AI関連など材料多彩

ソフトブレン <日足> 「株探」多機能チャートより
 ソフトブレーン<4779>は典型的な下値切り上げトレンドで水準を切り上げている。顧客関係管理(CRM)を中心とした業務支援システムを手掛け、16年12月期の営業5割増益に続き、17年12月期も5~10%程度の増益が維持される公算が大きい。

 筆頭株主のスカラ<4845>との間で経営面での思惑が交錯しているほか、「IBM Watson」とソフトバンクの人型ロボット「Pepper」を活用した新ソリューションを開発するなどで、人工知能(AI)関連の切り口でも株価の刺激材料に事欠かない。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均