市場ニュース

戻る
2017年02月23日17時18分

【通貨】外為サマリー:1ドル113円20銭台で推移、方向感に欠ける展開続く

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 23日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=113円23銭前後と、前日午後5時時点に比べ10銭強のドル安・円高で推移している。

 欧州時間のドル円相場も、手掛かり材料難のなか方向感に欠ける展開が続いている。ムニューシン米財務長官が22日の米紙とのインタビューで「ドル高は長期的には良いこと」との認識を示したことがドルの下支えとなっているものの、米早期利上げ観測がやや後退していることから上値は重い。また、時間外取引で米10年債の利回りがやや低下していることも重荷となっているようだ。

 ユーロは対円で1ユーロ=119円48銭前後と同30銭強のユーロ高・円安。対ドルでは1ユーロ=1.0553ドル前後と同0.0040ドル強のユーロ高・ドル安で推移している。


出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均