市場ニュース

戻る
2017年02月23日09時25分

【材料】CVSベイが反発、株主優待制度を導入

CVSベイ <日足> 「株探」多機能チャートより
 シー・ヴイ・エス・ベイエリア<2687>が22日の取引終了後、株主優待制度の導入を発表しており、これを好感した買いが入っている。毎年2月末および8月末時点で1単元(100株)以上を保有する株主に対して、同社が都区内で運営するユニット型ホテル6施設で利用できる2000円相当の宿泊割引券を2月末株主に対して2枚、8月末株主に対して1枚贈呈するという。

 同時に、17年2月期の連結業績予想について、売上高を297億5000万円から294億2000万円(前期比0.8%増)へ、営業損益を1億円の黒字から2800万円の赤字(前期1億5100万円の黒字)へ、純利益を1億6000万円から1億1000万円(前期比44.4%減)へ下方修正したが、足もとの業績悪化は織り込み済みとの見方が強い。

 コンビニエンスストア事業で、主力店舗の近隣および入居オフィスビルのテナントが再開発や移転のため転出し、その影響で売上高が計画を下回る見込みであることに加え、運営するユニット型ホテルの稼働率が下期の想定稼働率まで届かなかったことなどが要因としている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均