市場ニュース

戻る
2017年02月21日16時01分

【特集】ハイアス Research Memo(4):17/4期通期は2Qまでの進捗遅れを取り戻し、各利益は超過達成の可能性も

HyAS&C <日足> 「株探」多機能チャートより

■2017年4月期通期業績予想

ハイアス・アンド・カンパニー<6192>は、通期業績予想については、年初計画値を据え置きとしている。しかし、主力パッケージの順調な会員数の増加によって売上高は積み上げベースで増加していくことが予想できるため、通期の売上高はかなり上振れすると思われる。また利益指標については、第2四半期時点では年初計画に未達であったが、未達要因である販管費増が第3四半期以降ではあまり影響がないものと推測される。売上水準が高まることで、第2四半期までの進捗遅れを取り戻して各利益指標も超過達成の可能性が高い。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 山田 秀樹)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均