市場ニュース

戻る
2017年02月21日15時37分

【通貨】外為サマリー:一時1ドル113円70銭台に上昇、株価上昇で上値試す展開も

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 21日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後3時時点で1ドル=113円57銭前後と前日午後5時時点に比べ40銭強のドル高・円安。ユーロは1ユーロ=120円22銭前後と同10銭強のユーロ高・円安で推移している。

 ドル円は午後1時過ぎに一時113円70銭まで上昇。日経平均株価が値を上げるなか、リスク志向からのドル買い・円売りが強まった。ただ、エネルギーは限定的で上値では利益確定売りに押された。今晩の海外市場では、3連休明けのニューヨーク市場や再度軟化しているユーロの動向が注目されている。特に、今晩はカシュカリ米ミネアポリス地区連銀総裁やハーカー米フィラデルフィア地区連銀総裁などが討論会や講演で発言する予定であり、その内容が関心を集めている。

 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.0585ドル前後と前日に比べ 0.0030ドル前後のユーロ安・ドル高で推移している。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均