市場ニュース

戻る
2017年02月21日13時43分

【材料】AMBITION---カイカと共同で行う不動産賃貸権利にかかるブロックチェーン実証実験、第2段階へ

アンビション <日足> 「株探」多機能チャートより

AMBITION<3300>は20日、カイカ<2315>と共同で行っている不動産賃貸権利にかかるブロックチェーン実証実験の第2段階を開始したと発表した。

2016年11月16日に発表した、第1段階の実証実験では、不動産賃貸権利の発行・流通・譲渡がブロックチェーン上で管理することが可能であることを確認。第2段階として、より具体的な業務要件に基づいた実証実験を行うようだ。

第2段階では、入居希望者が物件を探すところから契約および更新に至るまでの一連の不動産賃貸業務の流れの中で、ブロックチェーンの適用性を検証。将来的にはブロックチェーン技術の特性を活かし、自立的に不動産賃貸管理業務を遂行するシステムの構築を目指すとしている。

ブロックチェーンは、多数の参加者における取引記録の突合・所有権管理といったプロセスに適しており、金融分野のみならず、各種規制や利用者保護といった考慮が必要とされる不動産・流通・製造といった非金融分野においてもより自由度の高い応用の検討や試行が可能。ブロックチェーンの適用範囲は極めて広く、その利活用については無限の可能性があるという。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均