市場ニュース

戻る
2017年02月20日09時44分

【通貨】東京為替:ドルは112円90銭近辺で推移、株安は意識されず

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

20日午前の東京市場では、ドル・円は112円90銭近辺で推移し、やや下げ渋り。日経平均株価は100円超の下げとなっているが、現時点で株安を嫌ったリスク回避的な円買いは特に増えていないようだ。市場関係者の間からは、「トランプ政権の政策運営に対する過剰な懸念は緩和されつつあるが、ドルの上値はやや重くなっている」との声が聞かれている。ここまでのドル・円の取引レンジは112円79銭から112円99銭で推移。
・ユーロ・円は、119円75銭から120円02銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.0619ドルから1.0633ドルで推移

■今後のポイント
・112円50銭近辺で個人勢、短期筋などのドル買い興味残る
・1ドル=115円以上で輸出企業などのドル売り予約が増えるとの見方

・NY原油先物(時間外取引):高値53.60ドル 安値53.39ドル 直近値53.39ドル

《MK》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均