市場ニュース

戻る
2017年02月20日09時39分

【材料】東芝が5日ぶり反発、半導体事業売却で8000億円調達との報道も好感

東芝 <日足> 「株探」多機能チャートより
 東芝<6502>が5日ぶりに反発。3月末時点での債務超過解消は難しく東証2部へ降格される可能性が高まったとして、前週末の17日には一時178円まで売り込まれたが、この日は値頃感からの買いも流入し反発している。

 日刊工業新聞が20日、「半導体メモリー新会社の株式を売却し、8000億円規模の資金を調達する計画を進めていることが19日までに明らかになった」と報道したことも注目されている。出資にはアップルなど複数の米国企業が関心を示しており、経営の主導権は東芝が確保する見込みだという。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2017年02月20日 09時39分

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均