市場ニュース

戻る
2017年02月20日09時32分

【材料】ソフトバンクが逆行高、スプリント合併交渉の思惑が再燃

ソフトバンク <日足> 「株探」多機能チャートより
 ソフトバンクグループ<9984>は全般軟調相場に逆行、25日移動平均線をサポートラインに力強い上昇トレンドを継続している。米国主導のトランプ相場に東京株式市場の主力銘柄は今一つ乗り切れていない状況にあるが、そのなかで同社株は先高期待が強い。そのなか17日、一部外資系メディアを通じて「同社が傘下に収めている米携帯電話子会社スプリントの経営権を、ドイツテレコム傘下のTモバイルUSに譲渡することを検討している」と伝わったことで、合併交渉が再び俎上に載るとの思惑が再燃、改めて物色人気を盛り上げている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均