市場ニュース

戻る
2017年02月17日16時37分

【市況】日経平均は続落、19200円処でのもみ合いに(訂正)/相場概況

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

下記のとおり修正します。
(誤)昨年2月末以来
(正)昨年3月1日以来

日経平均は続落。16日の米国市場でNYダウは小幅に続伸したが、連日の最高値更新で上値の重い展開だった。一方、為替市場では米債券利回り低下を受けて1ドル=113円台前半まで円高が進み、本日の日経平均はこうした流れを受けて118円安からスタートした。寄り付き後は一時19173.53円(前日比174.00円安)まで下落する場面があったが、為替の円高一服とともに19200円処でのもみ合いとなった。

大引けの日経平均は前日比112.91円安の19234.62円となった。東証1部の売買高は20億2929万株、売買代金は2兆121億円だった。業種別では、不動産、石油石炭、証券、鉱業、輸送用機器が下落率上位だった。一方、食料品、ゴム製品、水産農林、サービス、その他製品、空運が上昇率上位だった。

個別では東証2部への降格の可能性が警戒されている東芝<6502>は9.2%安で昨年3月1日以来の安値水準まで下げている。需給面への影響なども警戒されており、インデックスに絡んだ商いから、指数インパクトの大きいファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、ダイキン<6367>、ファナック<6954>など値がさの一角が弱い値動きに。
《TM》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均