市場ニュース

戻る
2017年02月16日13時46分

【通貨】東京為替:ドル・円は戻りが鈍い、米労働長官の指名辞退を材料視

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

ドル・円は戻りの鈍い展開で、足元は113円80銭台で推移。報道によると、米労働長官に指名されていた実業家のパズダー氏は15日、議会での承認を得るのが困難となり指名を辞退した。フリン大統領補佐官の辞任に続き、トランプ大統領の政権運営に不安が広がっており、ドル買いを弱めているようだ。

ここまでのドル・円の取引レンジは113円77銭から114円31銭、ユーロ・円は120円81銭から121円17銭、ユーロ・ドルは1.0591ドルから1.0624ドルで推移した。

《MK》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均