市場ニュース

戻る
2017年02月16日13時37分

【材料】エヌアイデイが後場急伸し昨年来高値、出資先が韓国サムスン・ベンチャーから資金調達

エヌアイデイ <日足> 「株探」多機能チャートより
 エヌアイデイ<2349>が後場に入って急伸し、昨年来高値を更新した。同社の出資先企業であるStudio Ousia(神奈川県藤沢市)はきょう、韓国のサムスン・ベンチャー・インベストメントを引受先とし、1億5000万円の第三者割当増資を完了したと発表。これが材料視されているようだ。

 Studio Ousiaは、2016年6月に自然言語処理における著名な国際会議「NAACL」内で開催されたQ&A形式のAI(人工知能)間のクイズコンペティションで優勝。このコンペティションで使われた技術をもとに質問応答システム「QA Engine」を開発している。サムスン・ベンチャー・インベストメントは世界的規模で自然言語処理やAI関連の主要ベンチャーの発掘・投資を積極的に行っており、Studio Ousiaの高い技術力が評価され出資に至った。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均